依頼者の目的によって調査内容も大きく変わる




浮気調査の密着取材を行うと素人が想像するものと実際とではかなりの差があります。
警察のような強行捜査を想像する方もなかにはいるかもしれませんがそれはありません。
警察の捜査方法と探偵社の調査では決定的に違うのが国家権力の有無にあります。
探偵の人、若しくは自分で調査をする場合に家宅捜査のような強行手段をとれば間違いなく逮捕されてしまうでしょう。
また、探偵では一般的のように扱われている盗聴なども場合によっては刑事事件として扱われてしまう可能性もあります。
しかし、実際はドラマや映画とは違い法律に抵触することは一切行われません。
そのなかでプロの技というのが光るのです。
依頼者の目的によって調査の内容も大きく変わります。
例えば、離婚は考えていない人でただ浮気癖のひどい夫を反省させたいといった依頼や、証拠もないのに浮気をしていると決め付けたら逆ギレをされてしまうから証拠をつかんだ上でしっかりと話し合いをしたいなどといった依頼の場合は、目的が離婚ではないため、極力浮気の発覚で相手を怒らせてしまわないような証拠をつかむことが要求されます。
この場合、写真も浮気の証拠と断定できる上で相手を怒らせないような撮影技術が要求されます。
また、浮気相手から慰謝料の請求をするのが目的の場合は、その浮気相手の情報を入念に調べます。
相手の勤め先なども調べて大まかにどれくらいの年収があるかということも調査することもあります。
ここが自分で調査を行う場合との大きな違いだといえます。
自分で調査を行う場合は目的が決まっていても、その目的に適った調査が円滑に行えるかというと現実的には不可能に近いといっても良いでしょう。
必ず無駄な部分が出てきてしまいます浮気調査任せるのが一番いいと言う事ですね。
このような観点からも無駄な動きがないプロに任せるということは大切です。
密着取材をしていく中で分かったのですが調査員のなかにはアルバイトを雇っている探偵社もあります。
経験豊富でないと調査結果に支障が出ることも考えられますので、探偵社を選択する際はアルバイトの人が担当にならないかということも視野に入れましょう。

浮気調査ではゴミをチェックする

浮気調査ではゴミをチェックすることでいろいろな情報が分り浮気の確かな証拠となることがあります。
相手が浮気をしているかもしれないと思った場合に、その相手の色んな物を見て調査をしたくなることでしょう。
そこで浮気調査をするのであれば、一番身近な生活や情報収集のために「ゴミ」を見ることでいろいろなことが得られます。
ゴミは例えば、「レシート」や「銀行の明細書」など普段の生活の情報が丸見えになってしまう唯一の証拠です。
ホテルのレシートや領収書などは決定的な証拠になるために本人は直ぐに処分するかもしれませんが、駐車場のレシートなど忘れてしまいがちなものでも足取りや行動がわかるものです。
また、男性の中には直接コンドームをゴミ箱に捨てる人もいますから、浮気している相手がいるかチェックはしやすいでしょう。
例えば、銀行の引き出した明細から本人のお金の使い方があ分ってきます。
人によってはクレジットカードを利用することが多いでしょう、明細より買った物や行動もわかります。
手紙とハガキからは知り合いの関係が理解できます。
コンビニのレシートからも購入したものが分り、ガスや電気の支払い明細は、自宅にいるのかが分かります。
見た事がない下着や、下着を捨てていれば新たに購入したことが分ります。
コンドームなどの避妊具などこれも決定的なものです。
ゴミの中身を見るには特定された家族や夫婦でないとチェックすることは難しい面もあります。
しかし、ゴミからは人間のいろいろな情報をえることができますので、浮気調査【浮気調査依頼はプランニー】をする上ではとても必要なものです。

更新情報

2015/07/29
依頼者の目的によって調査内容も大きく変わるの情報を更新しました。
2012/11/29
費用対効果を新規投稿しました。
2012/11/29
プロに頼むメリットを新規投稿しました。
2012/11/29
素人の調査を新規投稿しました。
2012/11/29
やっぱりプロは違うを新規投稿しました。
△PAGE TOP